前立腺肥大(電子メスやレーザーを使って治療を行うこともあります)の手術では、どんなことが行われるのでしょう? 前立腺肥大(電子メスやレーザーを使って治療を行うこともあります)の手術には、以下のような手術方法があります。 ・開腹手術 ・内視鏡手術 ・レーザーによる手術 ます、開腹手術は、現在では症状がひどい人の場合にしか行われなくなっているんです。 基本的に、内視鏡手術やレーザー手術では対応出来ない方を対象に、前立腺を全摘出してしまう手術が行われます。 内視鏡手術では、尿道から内視鏡を入れて、前立腺を電気メスなどで切除して掻き出す手術で、一番多く行われている術式です。 身体への負担も小さく済みますが、前立腺が大きくなりすぎている場合には出血が増えるリスクが高くなるため行われません。 レーザーによる手術は新しい術式で、まだおこなうことのできる病院も限られています。 入院期間が短くすみ、出血量も最小限で行え、比較的大きめの前立腺でも対処出来るから、今後は主流となっていくと考えられているのです。 ただし、可能な医院が限られていることと、手術時間が長い、膀胱を傷つける危険があるなんかのデメリットがありますー